要介護認定の流れ:

介護保険サービスを利用されるときには、
「要介護認定」を受けていただく必要があります。
第1号被保険者は原因を問わず、
介護や日常生活の支援が必要となったときに申請できます。
第2号被保険者は、特定の疾病が原因で、
介護や日常生活の支援が必要となったときに申請できます。

・要介護(要支援)認定の申請 介護が必要になったとき、本人または家族などが、
市役所・町役場の担当窓口などで申請します。

・申請に必要なもの

・要介護・要支援認定申請書 ・介護保険被保険者証 ・健康保険被保険者証
(特定疾病に該当する第2号被保険者のみ)
・かかりつけの病院名、
  主治医の氏名、住所、電話番号のわかる
診察券やメモなど

・認定審査

市職員または市から委託を受けた調査員が
ご自宅、施設や医療機関を訪問し、
心身や生活の状況について、
本人や家族などから聞き取りをします。

主治医の意見書 本人の主治医に、心身の状況についての 意見書を作成してもらいます。

・審査・判定

コンピュータで、一次判定が行われます。
その結果と、認定調査における特記事項、 主治医の意見書をもとに
介護認定委員会で審査し、
要介護度の判定が行われます。

コンピュータ判定(一次判定)⇒
調査書特記事項+主治医意見書⇒
介護認定委員会(二次判定)

要介護1~5:介護

介護サービスを利用 介護保険の介護給付が受けられます。

要支援1・2:予防

介護予防サービスを利用 介護保険の予防給付、
市町村が行う介護予防・
日常生活支援総合事業が受けられます。

非該当:

地域のお年寄り支援活動に
参加することができます。

inserted by FC2 system